トイレが壊れた!交換か修理か、お悩みの方へ

リフォームのプランニングのコツ

トイレが壊れた時に悩むのが、「交換か修理か」ですよね。
修理業者を呼んで、金額をきいて、 その金額によって考えるという方が多いと思います。
ですが単純に金額だけで決めてしまっては、かえって損をする場合もあります。

今回は、交換か修理か、それを判断するヒントを書いてみます。


トイレの寿命を判断する

水が止まらない、もしくは流れない、タンクの水がたまらない、 ウォシュレットから水漏れする、
便器がすぐつまる、便器と床の間から水漏れした!
などなど…故障の理由は様々ですが、それはトイレの寿命のサインかもしれません。

10~15年経っているなら、修理してもまたすぐに壊れる可能性があります。
思い切って交換しても、決して損ではありませんね。



2003年より前のトイレかどうか?

2003年より前のトイレを使用している方は、 交換のメリットが他にもあります。

2003年より前のトイレは、1回の洗浄に、平均13リットルの水を使うと言われています。
ですが、最近のトイレ…例えばグローセでキャンペーン中のINAXの超節水EC5なら、 5リットルなので、とても節水になります。 トイレの故障は節水のチャンス!なんて言う人もいるくらいですので、 トイレが壊れた時、まずは「うちのトイレは何年使ったかな?」と、 思い出してみると良いですよ。



トイレは突然壊れますよね。そしてトイレが1つしかない場合、すぐに対応してもらえないと本当に困りますよね。迅速に対応しますので、困った時はグローセにご相談くださいね!



大阪 リフォーム お見積り


お問合せは下記へどうぞ。

TEL: 06-6392-0663
FAX: 06-6392-0666
MAIL: spd83b79@space.ocn.ne.jp
もしくはこちらのメールフォームからお願いします。


Copyright(c) 2016 大阪 リフォーム おすすめ・人気のリフォーム屋さん グローセ All Rights Reserved.