リフォームか建て替えか

リフォームのプランニングのコツ

先日、耐火工事の見積の依頼をいただき、 建て替えをオススメしたケースがありました。
なので今回は、『リフォームか建て替えか』について書いてみます。


家の状況をしっかりと確認する

家の状況というのは、今後誰が住むのか、のような家族の話と、使いものにならない場所とまだ大丈夫な場所の把握、のような家の状態の話、この2点です。

家の状況をしっかり確認できれば、おのずと答えも出てくるはずです。

まずは、家族の話です。
たとえば『子供は独立し、夫婦二人で住みます』という場合、今後老人の2人暮らしになるかもしれませんよね?ということは、今後バリアフリーの工事も発生するかもしれません。リフォームの方が安いと思ってリフォームしたけれど、その後バリアフリーの工事もしたら結局高くついた、なんてことになりかねません。ですが逆に、『若い夫婦の2人暮らし』なら、リフォームで十分かもしれませんよね。


では次に、家の状態の話です。
傷んでいる場所が多すぎる場合、建て替えの方がオススメです。基礎部分が腐食していたり、地盤が沈下していたりという、素人では判断しづらい欠陥もあったりしますので、一度プロに見てもらうといいと思います。見てもらった結果、意外と基礎も地盤もしっかりしていて、寿命を迎えたトイレやキッチンを入れ替えるだけで十分、なんてこともありますよ。


リフォームか建て替えか

リフォームか建て替えか、何で判断すれば良いのか。その答えはズバリ、『あっちもこっちもボロボロな家は建て替えましょう』です。築年数は目安にはなりますが、実はあまり関係ありません。古い家だけれど、しっかりした建材で、立派な職人さんが建てたものならば、リフォームで全然OK!なんてこともあります。もちろん、その逆もあります。なので状況をしっかりと把握して、必要ならば専門家の意見を聞いて、どちらか決められると良いですね。

「リフォームは初めてなので誰かに相談したい・・・」「プランを一緒に考えてほしい・・・」などございましたら、お気軽にご相談くださいね!



大阪 リフォーム お見積り


お問合せは下記へどうぞ。

TEL: 06-6392-0663
FAX: 06-6392-0666
MAIL: spd83b79@space.ocn.ne.jp
もしくはこちらのメールフォームからお願いします。


Copyright(c) 2016 大阪 リフォーム おすすめ・人気のリフォーム屋さん グローセ All Rights Reserved.