水回りのリフォーム時期を判断するポイント!

リフォームのプランニングのコツ

水まわりのリフォームは、一番人気のリフォーム場所です。お風呂、キッチン、洗面所、トイレは生活の中でよく使う場所ですから、需要が高いのも頷けますよね。今回は、そんな水回りのリフォームの、リフォーム時期を判断するポイントについて書いてみますね!


お風呂場は、ひび割れや傷みを観察する

お風呂の寿命は15年~20年 と言われていますが、メンテナンスや使用頻度によって変わってきますので、時期だけでの判断は難しいです。 なので、浴槽やタイルのひび割れや、お風呂場入口のフローリングの傷みを観察してみましょう。

浴槽やタイルにヒビが入るということは、壁面や床面が影響を与えています。 お風呂周りの柱や土台が歪んでいる可能性もありますし、ヒビから水が浸入して、住居内に水が浸入する恐れもあります。もしもそれらのヒビに『物をぶつけた』のような心当たりがある場合は別ですが、経年劣化で発生したものであれば、一度業者を呼んで見てもらうと良いでしょう。

また、お風呂場入口のフローリングを踏むとフワフワしていたり、変色している場合も要注意です。湿気や水気が溜まりやすい場所なので、腐敗の可能性があります。腐敗したフローリングを放置すると、どんどん範囲が広がってしまいますから気をつけてくださいね。

キッチンはシンク下を確認!

キッチンの寿命も15年~20年 と言われていますが、メンテナンスや使用頻度によって変わってきますので、時期だけでの判断は難しいです。 キッチンには寿命を判断するポイントが多く存在しますが、その中でもオススメしたいのが、シンク下を見てみることです。

シンクには配管があります。その配管にトラブルがあれば、悪臭がしたり、水漏れで周辺が腐敗したり、カビが生えたりなどの状況がみられると思います。自身で綺麗にしても改善されない場合、リフォームが必要かもしれません。

あとは、蛇口からの水漏れも判断材料になります。蛇口からの水漏れは、キッチンの経年劣化が原因であることが多いです。水栓の接続部からにじみ出る水漏れや、蛇口の付け根からにじみ出る水漏れ、水栓を閉じたにもかかわらず水が止まらないなどの症状が見られる場合、漏れ出した水がキッチンにダメージを与えてしまうことがあります。マンションであれば、下の階まで水が伝ってしまい、損害賠償に発展したケースもありますので、蛇口の水漏れは放置しないようにしましょう。


洗面台の寿命は10年!?

洗面台の寿命も15年~20年 と言われていますが、実は落とし穴があります。シャワーホースがついているタイプの場合、シャワーホースの寿命は10年といわれています。シャワーホースを伸ばす、戻すの作業を頻繁に行う家庭は要注意ですよ。シャワーホースの経年劣化は気づきにくいため、気がつくと洗面台が水浸しなんてことも十分あります。なので10年を目安に交換を行うのが良いのですが、ホースが交換できるタイプとできないタイプがあるので、もし交換できないタイプの洗面台をお使いでしたら、10年を目安に、不調があればリフォームすると良いでしょう。


頑張ればかなり長く使えるトイレ

陶器製の便器やタンクの寿命は50年以上 あると言われています。消耗品の寿命が、10年~20年 なので、トイレが故障をした際、「寿命ですね」と、交換を勧められるケースが多いです。消耗品を交換すれば使えるのに、なぜ交換を勧められてしまうのかと言いますと、修理するよりも新品に交換した方が安いケースがあったり、いくつか考えられます。

消耗品だけ交換して、長く使えると嬉しいですよね。


水回りリフォームは、キッチンやお風呂などの設備の購入が高額になるため、工事費用も高くなります。機器によって値段がかなり違いますので、ご検討の際には、ショールームなどに足を運んで、実物を比較して、自分に合ったものを見つけられると良いですね!



大阪 リフォーム お見積り


お問合せは下記へどうぞ。

TEL: 06-6392-0663
FAX: 06-6392-0666
MAIL: spd83b79@space.ocn.ne.jp
もしくはこちらのメールフォームからお願いします。


Copyright(c) 2016 大阪 リフォーム おすすめ・人気のリフォーム屋さん グローセ All Rights Reserved.